英語初心者が24時間英語環境で生活してみた結果

こんにちは、Lilyです。

プロフィールでもお伝えしましたが、私は過去に通算すると1年8ヶ月ほどのフィリピン滞在経験があり、そのうち最初の半年ほどは英語環境のみで生活していたことがあります。

この半年間、日本語を使ったのは家族と電話をするときくらいでした。

こんな環境で過ごしていれば必然的に英語力が伸びると思う方も多いと思います。

今回は私の過去の経験を通して、英語力がどう変化したのか見ていきたいと思います。

24時間英語環境で生活するということ

苦労なくして上達なし

この生活をし始めた時の私の英語力は完全に初心者レベルでした。

スマホやPCの言語設定も英語にし、聞くのも・見るのも・話すのも全てを英語に変更。

日本語をなるべく排除した生活をすることを決意しました。

そして最初の1ヶ月を過ぎた頃、英語だらけの生活に発狂したくなりました!笑

Lily
No More English〜!!って泣き叫んでましたよ。

日本語が恋しくて恋しくて仕方がなかったあの頃。

脳内が英語だけで支配されていき、英語を見るのも、聞くのも、話すのも一時期本当に辛かった時期があります。

しかし、ある一定の期間を過ぎた頃から英語を英語で理解することに徐々に慣れていき、少しずつ日本語シックから立ち直っていきました。

母国語は使わなくても忘れない

諸説ありますが一般的に10歳前後までに習得した言語が私たちの母国語となります。

そして習得した母国語は、しばらくの間使わなくても忘れることはありません。

英語環境に辛くなった時期もたくさんありましたが、辛くなったときは上記の言葉を思い出し、なんとかモチベーションを保っていました!笑

英語だけの環境で生活するということは英会話上達への近道だと言えるでしょう。
一方で英語初心者の方が安易に英語だけの環境に飛び込むとストレスがかかる場合もありますので、慎重に考えてから決断してください。

帰国後のTOEICスコアは◯◯◯点!

TOEICのスコア、気になりますよね!笑

そもそも、私が英語学習を始めたきっかけは「世界の人とコミュニケーションを取れるようになりたい!」というところから入ったので、当時の私はTOEICには全く興味がなく、勉強もしていませんでした。

そんな私が帰国後に実力試しのつもりで初めてTOEICを受けたのですが、結果は685点(L410/R275)でした。

意外に低いんだね…
Lily
日常会話ができるようになってもTOEICは難しく感じたよ〜

当時は日常会話ならほぼ困らない程度の英会話力を身につけていたと思いますが、日常会話力=TOEIC力ではないことが分かりました…。

留学を予定されている方は留学前にTOEICを受けておくと、留学前後のスコアを比較できますので受験されることをオススメします!

留学後にTOEICのスコアアップを狙ってる方へ

24時間英語環境にいたことのある私ですが、帰国後のTOEICのスコアが伸び悩んだ原因の一つとしてはインプットとアウトプットのバランスが悪かったのだと思っています。

当時の私はTOEICに興味がなかったというのもありますが、テキストを使った学習はほとんど行っておらず、生活の中から自然と学ぶ英語にばかり触れていました。

つまり、留学さえすれば自動的にTOEICのスコアが上がる!っというわけではなく、やはり多少の努力(インプットとアウトプットのバランス)は留学中にも意識的に行う必要があると言えるでしょう。

特に帰国後にTOEIC受験を考えていらっしゃる方は、留学中からTOEICの単語学習を行っておくことをお勧めします。

理由としては、日常会話で出てくる単語だけではTOEIC単語をカバーしきれないからです。

一方、リスニングに関しては異国にいると必然と英語を聞く時間が増えますので、留学期間に比例してリスニングスコアが自然と伸びる傾向にあります。

「留学したら何も対策しなくて自然とTOEICのスコアがアップした!」っという話も聞きますが、TOEICのスコアは社会で役に立つことも多いです。できるならTOEIC対策をして、ベストを尽くせる状態で試験に望むことをオススメします。

現在の英会話力は

現在の私の英会話力は基本的な日常会話に関してはほぼ問題なく受け答えができるレベルです。

また、シンガポール英語などのちょっとクセのあるアクセントの英語を聞いても、ほぼ理解できるようになりました。(ただし、強いインド訛りの英語だけは未だにかなり苦手です…)

ビジネス英会話に関しては接する機会がないのでなんとも言えませんが、プレゼンなどは日本語でも苦手な分野ですので、英語でのプレゼンはそれなりの訓練をしないとかなり苦しいのが現状かと思います。

Lily
2018年にセブ留学したときは6段階中、上から2番目のレベルでした♬



効率よく英会話力を上げるために

せっかくの海外生活!英語オンリーな環境!

やはりまず最初に優先したいことは英会話力のアップでしょう。

しかし、英語力ゼロの人がいきなり異国に飛び込んでも自然と英会話力が伸びるわけではありません。

例えばオランダ語の知識がゼロの状態でオランダ語を聞いても、それはもはや言語ではなく雑音としてしか認識されないからです。

そうならないためにも、海外渡航前に最低限の言葉のルール(文法)と基本単語は身につけてておく必要があります。

海外生活はほとんどの人にとって有限です。

貴重な時間を無駄にしないためにも、日本でできる学習は日本できっちり行っておきましょう!

Lily
文法知識と単語量を増やすことで英会話習得までのスピードが変わってきますよ!

英語学習は継続が最も大切

ワーホリなどで1年間海外生活していた人でも、英語を話せない人は大勢います。理由はなんでしょうか?

その多くの人たちは日本に帰国してから英語に触れなくなってしまった人たちです。

上述したように、母国語に関しては多少の期間使わなくても忘れることはありませんが、第2言語に関しては少しでもブランクを作ってしまっただけで恐ろしいスピードで忘れていきます。

せっかく海外生活で英会話力をアップさせたのなら、帰国後の英会話力維持、向上にも務めたいですね!(かという私も、ベスト時に比べたら衰退傾向にあるので気をつけます…)

さいごに

英語だけで何ヶ月も生活するということは、脳が慣れるまで本当に大変です。

特に管理人のようにオーバー30にもなると余計に脳が混乱します…笑

しかし、英語を英語で理解するっというプロセス作りにおいては、短期間でかなりの効果が現れると思うので、チャレンジ精神旺盛の方はぜひ人生に一度くらい英語環境で生活してみるのも悪くないのではないでしょうか?

それでは、また♬