【セブ留学】語学学校選びのポイント

こんにちは、Lilyです。

フィリピン留学、中でもセブ留学は昨今人気の留学先であり、現在セブには数多くの語学学校が存在しています。

また各語学学校は差別化を図るため、様々な特色を持っていることが多いです。

欧米留学とフィリピン留学を比べると、フィリピン留学の場合は生活のほとんどを学校の施設内と宿泊施設内で生活するスタイルが基本となります

そのため、学校方針と自分の理想の留学スタイルがマッチしないと留学生活が辛いものとなってしまうこともあるため、学校選びは慎重に行うことをオススメします!

でも何を基準に学校を選べばいいんだろう…
Lily
今回は学校選びのポイントとなる基準をみていきましょう!
Lily
この記事の最後に、実際に私がセブ留学した際の学校選びのポイントも記載しておきますね♬

セブ島とマクタン島の違いについては以前の記事で書かせていただいたので、ぜひこちら⬇︎も合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、Lilyです。 オンライン英会話の普及と共にフィリピン留学の知名度が高まり、日本人にとっても留学が身近になってきた昨今。 私もフィリピン留学してみたい! と思う方もいらっしゃるはず。 フィリピン留学の[…]

日本資本 or 韓国資本 or その他

フィリピン留学の歴史は韓国が作った、と以前の記事でお伝えしました。

日本は韓国の後を追う形でフィリピン留学ビジネスへと参入していきます。

そのためフィリピンの語学学校には日本資本の学校と韓国資本の学校が多く存在しています。

では日本資本と韓国資本の主な特徴を見ていきましょう。

まず国籍比率ですが、やはり日本資本の学校には日本人留学生が多く集まりやすい傾向にあり、逆に韓国資本の学校には韓国人留学生が多く集まりやすい傾向にあります。

理由は学校側が提供しているサービスが日本人資本の学校ですと日本人向けに、韓国資本の学校ですと韓国人向けに提供されていることが多いからです。

もっとも代表的な違いだと「食事」があげられます。

日本資本の学校ですと日本人向けにアレンジされた食事が提供されやすい一方、韓国資本の学校ですとちょっと辛めのテイストになっていたり、キムチが3食ついていたりします。

食事にこだわりのある方や、辛いものが苦手な方ですと韓国資本の学校はちょっと大変かもしれません。

もちろん、韓国資本の学校にも日本人留学生や他国の留学生もいるため、味付を少しマイルドにして食事を提供している学校も多くありますが、気になる方は事前に確認しておく必要があるでしょう。

また、最近では日本資本、韓国資本の学校以外にもロシア資本アメリカ資本の学校も参入し始めています。

スパルタ or ノンスパルタ

フィリピン留学にはスパルタ学校やセミスパルタ学校と呼ばれているものがあります。

簡単に説明しますと、学校やコースによって学習ルールが厳しく決まっており、そのルールを破ると外出禁止や罰金などが課されるというものです。

参考までにスパルタ校の学校ルールをいくつか以下に記載しておきます。

  • 平日外出禁止
  • 母国語禁止(EOP : English Only Policy)
  • 毎日の単語テスト受験必須
  • 朝から夜まで必須授業(10hくらい)
  • 出席率はしっかり管理される

スパルタ校に行くメリットは、しっかりと勉強できること!

良くも悪くも勉強させられる環境にあるので、遊びの誘惑に負けてしまいそうな人や、お子様をセブに留学させる親御さんにはスパルタ校も1つの選択肢となるかもしれません。

逆にデメリットは自由が少ないこと。

最初の1ヶ月ほどはこの過酷なスケジュールを駆け抜けられるかもしれませんが、長期留学となるとかなり負担もかかってくるかと思いますので注意が必要です。

一方ノンスパルタ校は授業後の平日外出もできますし、割と自分のペースで学習を行うことができます。

しかし、自由度が高いために毎日遊びに出歩いてしまうと勉強が疎かになることも…

ノンスパルタ校でも平日・休日の門限が決まっている学校はたくさんあります。フィリピンの夜の街は日本よりも安全ではないということを認識しておきましょう!

大規模校 or 中規模校 or 小規模校

学校規模は10名程度の小規模校から500名ほどの大規模校まで様々です。

アットホームな雰囲気がよければ小規模校の方がオススメですし、大学のサークルのような雰囲気がよければ大規模校をオススメします。

また、7〜9月と1月〜3月は日本の大学生が長期休暇に入るため、一般的に繁忙期と呼ばれています。

留学する時期によって、留学生の人数や社会人比率も大きく変動しますのでご注意ください。

1人部屋 or 複数人部屋

私は断然1人部屋派なのですが(笑)、中にはシェアルームが好きな方もいらっしゃるかと思います。

1人部屋のメリットはプライベート空間を確保できること。しかし料金設定はお高めです。

複数人部屋のメリットは常に話し相手がいるので寂しくならないこと。

また、1人部屋に比べると料金も安くなるので、長期留学を考えてる方にはオススメです。

国籍比率

多国籍

国籍比率を気になさる方もいらっしゃるかと思いますが、私がこの4〜5年ほどセブ留学の流れを見てきた感じだと時期によって国籍比率は大きく変動することがあります。

ネットに出ている情報はあくまでもその時点での情報ですので、参考値程度に留めておくといいかと思います。

2012年〜2014年頃はセブに来る留学生はほぼ日本人と韓国人しかいませんでしたが、最近では台湾、ベトナム、中国からの留学生もたくさん来るようになりました。

以前と比べると国際色豊かな学校も増えていると思いますが、渡航時期によっては国籍比率が偏りますのでご注意ください。

ネット環境

学校によってネット環境がしっかり整備されているところと、整備が行き届いてないところがあります。

またスパルタ校などですと、自室でのインターネット使用防止のために故意的にネット回線を限られたエリア(ダイニングエリアなど)にしか引いていない学校もあります。

寮だけではなく、教室内にもネット環境が整備されていない学校もありますので、事前によく確認しておくことをオススメします。

教室内でネットが使えないことのデメリットは「オンライン辞書を利用できない」「オンライン教材を使用したレッスンが行えない」などがあげられます。

昨今ネット上にはたくさんのオンライン教材があるため、こういったものを授業で利用できないとなるとレッスンの幅が狭まる可能性もあります。

ネット環境の良好さも学校選びの1つの大きなポイントとなるでしょう!

もし学校のネット環境が整備されていないときは現地のSIMカードを利用するのも一つの方法です。

フィリピンのネット情報についてはまた後日記載させていただく予定です。


私の判断基準は…

さて、上記は一般的な学校選びのお話をさせていただきましたが、私自身はどのようにして学校を選んだかについて最後にお話させていただきたいと思います。

Lily
管理人は30代、女性、社会人というステータスです。
日本資本 or 韓国資本 日本資本(辛いものが苦手…)
スパルタ or ノンスパルタ ノンスパルタ。
この歳になって制限を設けられたくなかった
大規模・中規模・小規模 中規模校1回(生徒数150人ほど)
小規模校1回(生徒数20人ほど)
1人部屋 or 複数人部屋 1人部屋。
プライベート空間は大切!
国籍比率 あまり気にしなかった。
日本人同士でも英語は話せる。
ネット環境 最初に留学した学校はほぼ使えず…。
その経験を生かして2度目の留学先はネット環境も重視した。

セブには現在200校以上もの語学学校があると言われています。

そのため、それぞれの学校を1つずつ見ていくと悩みのスパイラルにハマる恐れがあります!

当ブログの管理人は極度の心配性のため、多くの学校を何時間もかけて調べました。笑

でもそんな私が2度の留学経験を踏まえて思ったことは、「留学をいかに充実させるかは結局は自分次第!」っということです。

当たり前といえば当たり前のことなんですけどね。

さいごに

いくら事前に学校情報を調べたとしても、その当時の情報と自分の留学する時とでは雰囲気や学校の校則も変わっていることもあります。

それだけフィリピン留学の歴史はまだ浅く、ビジネスの流れも早いのです。

また、どんな学生が留学しているかで学校の雰囲気が変わることもあります。

大まかなフィリピンの語学学校の選び方の基準は上記に書いた通りですが、ある程度まで学校を絞り込んだら、あとは細かなことは気にせず直感で学校を選ぶのも必要だと思います!

1番大切なのは、自分が何を目的として留学したいのかを忘れないこと!

皆さんの留学が充実したものとなり、1人でも多くの方がフィリピンを好きになってくれることを願ってます。

それでは、また♬