大人になってからのフィリピン留学

こんにちは、Lilyです。

「英会話力アップのために語学留学してみたいけど、いい歳だし今更留学するなんてやっぱり抵抗あるなぁ…」

そうお考えになる方も大勢いらっしゃるかと思います。

人は年齢を重ねるにつれ周囲の状況も複雑になるし、20代のように簡単には物事を決めづらくなるものです。

そんな中、私は30代になってから2度のフィリピン留学を体験しました。

大人になってからの語学留学。

今回は留学に興味はあるけど、不安もあって迷われている大人の方にお届けしたいと思います。

年齢問わずフィリピン留学に興味を持たれている方
留学生の年齢層が気になる方
学校選びのポイントを知りたい方
Lily
皆さんの留学への不安が少しでも解消されるよう解説していきたいと思います。

大人になってから留学するということ

2020年東京オリンピックの開催が決定してから、日本の英語学習人口は更に高まったのではないかと実感しています。

皆さんの中にも東京オリンピック開催を機に英語学習を始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

英語学習を始めてみると今度は実際に留学してみたくなる方もいらっしゃるかと思いますが、大人になると家族の状況や周囲の状況によってなかなか留学を決断しにくいものですよね。

現在はオンライン英会話もかなり普及していますので、留学しなくても英語を話す機会は増えてきましたが、そんな中留学するメリットは何なのでしょうか?

海外の文化に触れられる

正直英語の習得だけを目的と考えるのならば、海外に行かなくてもマスターすることはできると思っています。

現にたくさんの方が「留学しないでも◯◯◯できました!」というキャッチコピーを出していることもいい例です。

しかし、留学するということは英語習得以外にもその国の文化を知ることができます。

そして、私はこれこそが留学の醍醐味だと考えています。

その国の生活環境に入り、その国で生活している人を実際に見て、その国に根付いている宗教を知り、文化を知り、その土地の食べ物を食べることを通して見えてくるものがたくさんあるのです。

これはオンライン英会話でいくら文化についての意見交換をしていても、画面越しには実際のところ分かりにくいものです。

そして、留学中の異国での生活を通して初めて見えてくる日本の良い面・悪い面にも気づくことができ、多くの方は改めて日本の良さを実感することができると思います。

留学にかける思いが強い

大人になってから留学される方は、総じて留学への意欲が若い学生の子よりも高い印象を受けます。

学生の中には留学費用をご家族の負担で来ている方も多くいらっしゃいます。(もちろんご自分で一生懸命働いたバイト費用できていらっしゃる方もいますよ)

一方、社会人留学生は自分の貴重なお金と時間を作って留学してきている人がほとんどですので、そういった背景からも意識の高い留学生が多くいらっしゃる印象を受けます。

実際の留学生活はどうなのか

本当に30代以上の人が留学しても大丈夫なのかなぁ…
Lily
留学に来る人たちは細かなところを気にしない人が多いよ!

留学に来る人たちの職種や年齢は様々です。

最近は小さなお子様も留学にきますし、日本の中学・高校で不登校になってしまったお子様が留学に来ることもあります。

大人の方ですと、国家公務員の方もいらっしゃれば、大企業の管理職、定年退職したご夫婦やフリーター…など、様々なバックグラウンドを持った方がいらっしゃいます。

留学生活の1つの良いところは、日本ではあまり交流することもなかったような年齢や職業の方とも、”留学生”という同じフィールドに立ち、気さくなお付き合いができることだと思います。

そうは言っても自分は人見知りだし、1人で過ごしたいんだけどなぁ…
Lily
そんな時は1人で過ごすのもありだよ♬

他人にどう思われたとしても、留学期間は限られたものです。

卒業してしまえば会わない人ばかりなので、あまり周りの目や細かなことなどは気にしすぎず、自分の居心地の良い留学スタイルで過ごすことをオススメします!

English Nameを作るのも効果的

皆さんはEnglish Nameをご存知ですか?

英語圏で使われる英語のニックネームのこと。
一般的に日本人の名前は海外の人にも聞き取ってもらいやすいと言われていますが、英語圏の人にも1回で聞き取ってもらえるような英語のニックネームを自分で作成します。

基本的にルールはなく、何でも自由につけてOKです。

自分の好きなハリウッドスターの名前をつけてしまうのもありです!

Lily
でもEnglish Nameって名乗るとき恥ずかしく感じてしまいますよね。

”Hello, I’m Nancy. Nice to meet you!” とか…笑

でも恥ずかしいのは最初だけで、案外そのうち馴染んできます!

そして更に、English Nameには相手に名前を聞き取ってもらいやすくする効果だけではなく、良い意味で別人格になれる効果を発揮することがあるのです!

例えば上の例のように、I’m Nancy, I’m Nancy… とずっと言い続けていると、あたかも自分が外国人になった気になってきて、日本語を話す時のパーソナリティーとはまた別のパーソナリティーが生まれることがあります。

日本語を話す時はシャイな方でも、英語を話すと性格がポジティブに変わったり、また英語を話すことに自信が持てるようになり、スピーキングが流暢になったりする効果も!?

それにEnglish Nameって持ってるとちょっとかっこ良くないですか?笑

もちろん日本語名をそのまま使うこともできますが、せっかくの機会ですのでEnglish Nameを持っておくこともオススメです。

語学学校によってはEnglish Nameが必須なところもあるのでご注意ください。



学校選びは慎重に

ここまで読んできて、「私も留学してみようかな?」っと思った皆さま。

思った時が動き時!ぜひその意気込みを大切に留学にチャレンジしてみてください!

しかしここで注意してもらいたいことがあります。それが学校選びについてです。

以下の表をご覧ください。

主な学校の特色
学校規模 大規模校 or 中規模校 or 小規模校
寮タイプ 学生寮 or ホテル寮
経営 日本資本 or 韓国資本
ロケーション セブ島 or マクタン島

細かなことはまた別記事にてご紹介させていただく予定ですが、フィリピン留学の場合、欧米留学以上に各学校に大きな特色があり、それぞれ学校のカラーも大きく異なってきます。

そのため、ご留学される方の目的やご希望の滞在環境のミスマッチが起こると留学生活が辛いものになってしまう場合もあるので注意しましょう。

ミスマッチを防ぐためにも、学校を決める際には十分比較検討されることをオススメします。

関連記事

こんにちは、Lilyです。 フィリピン留学は2012年頃から日本でもじわじわと流行りだしました。 「マンツーマンレッスンができる」、「費用効率が良い」、「日本から近い」、など様々な理由で日本人にとって留学が身近になったと言っても[…]

さいごに

フィリピン留学は1週間からの短期留学が可能です。

中には2泊3日から留学できる語学学校もあります。

日頃のオンライン英会話などでの成果を生かし、ぜひ実際にフィリピンに足を運んでみてはいかがでしょうか?

新しく見えてくる文化の違いをたくさん発見できると思いますよ!

それでは、また♬